子育てについて

モンテッソーリ教育を中心とした子育ての重要なエッセンスについて記す。

1.成長段階

子供には、自分自身で成長する力が備わっており、年齢によって最も成長する分野がある。

  1. 運動
  2. 言語
  3. 五感
  4. 書く
  5. 読む
  6. 数える
  7. 文化・礼儀

親として、上記分野が発達する時期(敏感期)に子供を邪魔しないよう、環境作り関わり方に留意することが必要となる。

また、子供がどの敏感期に差し掛かっているかは、よくよく観察して見極める必要がある。

2.環境

子供の興味が沸いた時期を無駄にしない環境作りが必要である。

  • 体を動かせる環境
  • 怪我しない程度に自由が許されている環境
  • いろいろな遊び方ができる玩具(遊び方を子ども自身が選べる玩具)
  • 見る力や指先を使う力を養う玩具

3.コミュニケーション

タブーの関わり合い

  • 過干渉
  • 放任
  • 命令・禁止

望ましい関わり合い

  • 正しいやり方をきちんと教える。このとき、間違っていても否定的な言葉を言わず、何度も同じように正しいやり方だけを伝える。
  • 自発的にやり始めたら見守る。助けを求められたら初めて干渉する。
  • 親の価値観でコントロールしようとしない。
  • 褒めるときは具体的に良かったポイントやプロセスを述べる。自分の評価(すごい、良い)や子供の評価(お利口、頭がいい)は避ける。
  • 叱るときも同様に評価(ダメ、いけない)は避け、好ましくない理由を具体的に説明する。

話しやすくするためのテクニック

  • 最初は答えやすい質問から始める。
  • 相手が話しているときは、相づち、オウム返しだけ
  • 否定的な言葉での返答はNG。
  • 無理に沈黙を埋めようとしない。
  • 一段落付いたら、相手の話を要約・抽象化してまとめる。

行動を促すためのテクニック

  1. 相手の問題を観察して見極める
    やり方がわかっていない?
    やる気がない?
    ハードルが高すぎる?
  2. やり方がわかっていないのであれば、質問して最善の答えを出す手助けをする、選択肢を提示してみる
  3. やる気がないのであれば、利益と損失を示し、現状維持のリスクを伝える、やる気があることを見付ける。
  4. ハードルが高いのであれば、不確実性を下げる=確実な問題になるまで分解する、後戻りやお試しができるようにする、ハードルの根本を排除する