マインドフルネス 14日目

日中の雑念は、まだ少ないと言えない状態ですが、瞑想中は雑念が沸いている状態と感覚に集中できている状態との違いがわかるようになってきました。

それにともない、脳の疲労は軽減されてきたように思います。

経過は以下の通りです。
各項目の定義はこちらをご参照ください。

マインドフルネス 7日目

マインドフルネス瞑想を始めてから7日が経ちました。

以下のわかりやすい変化が認められました。

  • ・明け方4時に目が覚めていたのが、6時まで寝られるようになった。
  • ・慢性的な脳疲労による頭痛が軽減された。
  • ・疲労により、何も手が付けられない時間が減った。

まだ感じられていない心の落ち着きや、体の緊張の緩和といった心身のリラックスが感じられることを願っています。

マインドフルネスの進捗は以下の通りです。
各項目の定義は、こちらをご参照ください。

マインドフルネス 3日目

メールを打っていたときに

「よろしくお願いいたします。」と「よろしくお願い申し上げます。」

の違いは何か不思議に思って調べてみました

結論から申し上げますと、申し上げるの方がやや丁寧であるそうです。

いたします=「する」の謙譲語であるのに対し、
申し上げます=「言う」の謙譲語です。

『お願いする』は指示するような印象を与えてしまう恐れがあるので、

目上の方には「申し上げます」の方が無難という意見が調べた範囲では多かったです。

(大きな違いはないとする意見もありました。)

しかし、以下の文例を俯瞰してみますと、

お願いする=特別な用事がある場合、
お願いを言う=定型文、挨拶

といった印象です。

文例
・今後とも、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。
・お目通しくださいますよう、よろしくお願いいたします。

また、こちらは知らなかったのですが、
「よろしくお願い致します。」
誤った用法とのことです。

理由
いたします=謙譲語・丁寧語の用法
致します(致す)=動詞

誤)よろしくお伝え下さい。
正)よろしくお伝えください。
と同じ理由ですね。

遅くなりましたが、
マインドフルネス3日目の報告をいたします

5分で座っていられなくなるほどではなくなりましたが、常に雑念と戦っているような状態です。

よく指導書では、

「雑念が現れたときには、それに気付き、手放しなさい」

といった指導をよく目にするのですが、

手放すって、どうするのさ(꒪ཀ꒪)

進捗は変わらずです。
各項目の意味はこちらをご参照ください。

記事が面白かったら応援クリックをお願いいたします。


日々の出来事ランキング

マインドフルネス1日目

久しぶり(3年ぶり?)にマインドフルネス瞑想をやりました。

とりあえず、1回15分を朝晩に行うことにします。

やっぱり難しいです、マインドフルネス。
5分も座っていられないというか、気がそぞろになってしまうというか・・・。

そんな状態でも実施前後では、一種の変性状態のような心の状態に変化が感じられました。

でも、そんなボーナスタイムは3分も続かず、すぐに戻ってしまいました。
そのうち、このボーナスタイムが続くようになればうれしいですね。

一日の状態を下図のように評価していき、変化を可視化していきます。
各評価の内容はこちらをご参照ください。

メンタル・体調変化