マインドフルネス 3日目

メールを打っていたときに

「よろしくお願いいたします。」と「よろしくお願い申し上げます。」

の違いは何か不思議に思って調べてみました

結論から申し上げますと、申し上げるの方がやや丁寧であるそうです。

いたします=「する」の謙譲語であるのに対し、
申し上げます=「言う」の謙譲語です。

『お願いする』は指示するような印象を与えてしまう恐れがあるので、

目上の方には「申し上げます」の方が無難という意見が調べた範囲では多かったです。

(大きな違いはないとする意見もありました。)

しかし、以下の文例を俯瞰してみますと、

お願いする=特別な用事がある場合、
お願いを言う=定型文、挨拶

といった印象です。

文例
・今後とも、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。
・お目通しくださいますよう、よろしくお願いいたします。

また、こちらは知らなかったのですが、
「よろしくお願い致します。」
誤った用法とのことです。

理由
いたします=謙譲語・丁寧語の用法
致します(致す)=動詞

誤)よろしくお伝え下さい。
正)よろしくお伝えください。
と同じ理由ですね。

遅くなりましたが、
マインドフルネス3日目の報告をいたします

5分で座っていられなくなるほどではなくなりましたが、常に雑念と戦っているような状態です。

よく指導書では、

「雑念が現れたときには、それに気付き、手放しなさい」

といった指導をよく目にするのですが、

手放すって、どうするのさ(꒪ཀ꒪)

進捗は変わらずです。
各項目の意味はこちらをご参照ください。

記事が面白かったら応援クリックをお願いいたします。


日々の出来事ランキング